上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
カメルーンの子供たち
<カメルーンの子どもたち 撮影:上橋しほとさん>
幼児教育ネットワークの紹介ムービーができました!

ネットワークの会員からいただいた写真を基に、スライドショーを作成しています。
多くの方に、協力隊の活動を知ってほしいという思い、そして、世界の子どもたちの笑顔を届けたいと思っています。
協力隊の希望者をこれからも増やすべく、応援していきたいと思っています!!


スポンサーサイト
2014.07.28 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
H26総会集合写真2
平成26年 総会・セミナーがおかげさまで無事に終わりました。

懐かしい隊員同士の再会、協力隊に興味のある保育者など様々な出会いのある中で行われたセミナーでは、中尾さんのイエメンでの情熱溢れる活動にみんなで聞き入りました。子どもたち、先生たちの環境を整える、教育のあり方を整えるといった活動のイメージを受けました。

活動報告 中尾さん


鼎談では、東京家政大学教員・松本なるみさん、活動報告をしてくださった中尾さん、そして文京区立本駒込幼稚園で勤務されている澤田亮さんを迎え、「協力隊 その後」~協力隊の経験がその後の生き方にどう関わっているか~について語っていただきました。活動の経験が人間性に与える影響、そしてそこから広がる子どもたちや保育者仲間たちとの関わりについて、参加者も頷きながら共感を覚えたひと時となりました。

鼎談

最後に、参加者の方からのアンケートを抜粋いたします。今後もこうした活動を広げていき、多くの人に協力隊活動が与える、暖かさ、人間性、インパクトなど様々な形でお伝えしていきたいと思います。ありがとうございました!

■参加者からのアンケート(抜粋)
① 協力隊希望者の方
・今回の講座について:大変満足
・この講座をどこで知ったか:インターネット・メール
・講座の感想:幼児教育の帰国者の方のお話を伺えることはあまり無いので、とても良いい機会でした!<3名も専門の方がそろうことはないと思うので>
 活動報告では具体的な現地の様子や活動を知ることができてとても参考になりました。のり、はさみ、画用紙の話など、リアルな話が面白かったです。環境の違いに驚きました。
 要請によって2年間の過ごし方が全く違うんだと感じました。自分には何ができるかなーと考えると共に色々な要請を見てみたいです。

② 乳児院勤務
・今回の講座について:満足
・この講座をどこで知ったか:インターネットから
・講座の感想:協力隊の経験はないので、話全てが新鮮でした。幼児教育・保育に関わる者として、人間性がすごく問われるものだと思うので、協力隊での経験はすごく役立つし、自身の成長に繋がるのだと改めて感じました。ありがとうございました。また機会があれば参加させていただきたいです。

③ 練馬区立中学校 教員
・今回の講座について:大変満足
・この講座をどこで知ったか:・講座の感想
・今回の講座について:大変
・この講座をどこで知ったか:インターネットから
・講座の感想:実際の活動報告や活動された方々の話が聞けて良かった。私は中高の教員なので幼児教育とはちがいますが、興味が深まりました。休日であればまた参加したいと思います。ありがとうございました。

2014.07.28 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
siria shasinten


手作り写真展

日時:2012年7月1日(日)~7月29日(日)

場所:浦安市国際センター 研修室
千葉県浦安市入船1-2-1駅前プラザマーレ2階
047-306-5181
内容:
1996年に始まった青年海外協力隊による幼児
教育活動は、2011年4月末治安悪化に伴い活
動中止となりました。15年間の幼児教育隊員
の歴史を振り返ると共に、変化や成果を写真
展でご紹介します。

お話会

【シリアの幼稚園と暮らし】
青年海外協力隊員の目線から…
日時: 2012年7月29日(日)午後13時30分~15時30分
場所: 浦安市国際センター 研修室
内容:
青年海外協力隊としてシリアで暮らした3人が
話します。シリアの幼稚園、農作業、アートや
刺繍など、暮らし、活動、余暇…を通して、シリ
アの人々から学んだことをお伝えします。
アラビアのコーヒーと共に…
主催:浦安市国際センター
共催:シリア幼児教育協力隊OG有志の会
2012.07.06 Fri l 未分類 l コメント (1) トラックバック (0) l top
オープンカレッジチラシ

青年海外協力協会主催 JOCAオープンカレッジ

日本の子ども・途上国の子ども どっちが幸せ?
日時:3月28日(水) 10:30~12:00
場所:あーすぷらざ ワークショップルーム
http://earthplaza.jp/
講演者:坪川紅美(JICA技術顧問/元マレーシア 青年海外協力隊)
     小山祥子(駒沢女子短期大学 准教授/元シリア 青年海外協力隊)

内容:講演・座談会
  世界の国々の人々にとって子どもってどんな存在? 世界の子どもたちを見てきた
 元青年海外協力隊(幼児教育隊員)の講師らの体験を踏まえながら、今の子どもや大
 人が置かれている現状について一緒に考えましょう。座談会では、講師の方を囲ん
 で共にお話しましょう!

問合せ・申込み先:公益社団法人青年海外協力協会(JOCA)*定員:30名
         事業部事業三課 担当:岡田      お申込み期限:3/23(金)
     TEL: 03-3406-9027 E-Mail: bunka1*joca.or.jp 「*」の部分に@を入れてください。

託児スペースもあります♪
保育資格所持のボランティアスタッフが、
お子様をお預かりいたします。(無料)
2歳児以上~小学生まで *要申込み
2012.02.24 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20周年記念誌作成のお願い

幼児教育ネットワーク   会長 高橋佐登美
             記念誌担当 佐復 友子
幼児教育ネットワーク20周年を記念して、冊子を作成します。以下の要領で原稿をお願いします。

〇原稿
・一人B5一枚(WORD形式)
・内容について
 例文を参考に、テーマに沿って記入をお願いします。
 ☆必ず記載して欲しいテーマ
「協力隊に参加して」
 ☆自由テーマ 何でも書いていただいて構いません。
迷ったときは下のテーマを参考にしてください。
「隊員時代、つらかったこと・楽しかったこと」
「私は今」
  「これからの私」
 ☆写真(活動中の自分が写っているもの)

 様式データは、ブログ・メーリングリスト・会員用ホームページで掲載しますので、各自で取得してください。
  ☆ブログアドレス:http://youkyonetwork.blog113.fc2.com/
パソコン等で作成が難しい方は、手書きでも構いません。記念誌担当の佐復まで直接郵送してください。
 
〇写真ページ
・カラーで写真ページを作ります。ご協力いただける方は、各自の原稿とは別に遊んでいる 子どもたちの様子などの写真を1枚ご提供してくださるようにお願いします。データでいただければ助かりますが、スナップ写真を送付していただいても構いません。この写真は自分が写っていても、いなくてもOKです。写真の様子について説明もつけて下さい。
スナップ写真を郵送される方は写真の裏に名前・隊次を記載し、佐復まで郵送してください
 
〇収集方法
・地域別(日本国内)に集めていただこうと思っています(北海道、東北、関東、中部、関西、四国、九州・沖縄)
・地域責任者 → 記念誌担当者 → 編集担当(佐復)
*連絡先に関しては、ネットワーク会員名簿を使用させていただきます
 (同封した別紙を参照してください)
〇掲載
・派遣地域別(アジア、中南米、アフリカ、中東、大洋州、東欧)、隊次順に掲載します

〇原稿締め切り  2010年 10月31日


○原稿のダウンロードの仕方

☆原稿のあるサイトhttp://groups.yahoo.co.jp/group/youkyonetwork/ ←こちらへアクセス

①yahooグループへログイン

 ID:youkyo1997
 パスワード:youjikyoikunetwork

②myグループをクリック

③ブリーフケースをクリック

 20周年記念誌フォーマットをダウンロード! 以上で終わりです











2010.09.28 Tue l 未分類 トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。